スマホアプリ「ずっしーの移動ド音感トレーニングゲーム」

移動ドの相対音感を鍛えるためのスマホアプリをリリースしました。

★iOS用ダウンロード

★Android用ダウンロード

アプリ開発担当:nabehide なべひで 様

ホームページ:https://nabehide.github.io/

Twitter:@____nabehide

なぜスマホアプリなのか

音感のトレーニングは耳コピやアレンジ、即興演奏などの音楽のスキルを高めるために非常に重要であることはこのサイトでも何度も解説してきた通りです。

ですが、トレーニングには年単位での長い時間をかけてじっくり能力を伸ばしてく根比べのような側面があることも事実です。

多くの人はその面倒くささから挫折してしまうのではないでしょうか。かくいう僕も何度も挫折しては始め直すという愚行を繰り返しながらなんとか音感の習得までたどり着いた身なのです。

このような「挫折」というものへの対策は非常に重要であると考えています。生活に絶対に必要なスキルならいざ知らず、「どうせ趣味だし」といった理由で投げ出されやすい音楽というジャンルだからこそ、誰でも気軽に楽しく遊びながら学べるようなものが必要だと常々考えてきました。

このゲームアプリはずっしーが音感をトレーニングしていたころから「あったらいいな」と思い続けてきたものを具現化したものです。

ずっしーの提唱する「調性を基準にした移動ド音感」を徹底的に鍛えられる仕組みが盛りだくさんです。このアプリをしっかり遊び学んで音感をものにすれば、ずっしーの音感と同じ感覚が身につくはずです。

ゲームの遊び方と仕組み

ゲームの仕組みは非常に簡単です。出題された音を鍵盤で押して当てていくというシンプルなものです。

従来の音感トレーニングゲームと異なる点は、これが調性に基づく相対音感を鍛えるためのゲームだということです。よくあるただの音当てクイズの類とは一線を画すものです。

このゲームプレイ中、終始BGMが流れています。これはゲームの雰囲気のためではなく、その音感トレーニングをするときの「調」を頭の中に作るための伴奏なのです。つまりこの出題されるフレーズはこのBGMを伴奏としたメロディのようになるということです。

相対音感とは調を基準に音の階名を判別する能力だということは耳コピアレンジ習得法の記事で解説した通りです。このアプリではその調を常に頭の中にセットする役割としてBGMが活躍します。

よってこのアプリで学習している最中は調を見失うことなく必ず相対音感のトレーニングができるという仕組みになっているのです。

階名は基本の「ドレミファソラシ」と当サイトで紹介した西塚式の階名を使用し、調の外の音は「デリフィサチ」で表記しています。出題されたフレーズとのオクターブ違いでも正答になりますが、フレーズの上昇・下降は区別されます(ド↗ミとド↘ミは別扱い)。

またBGMは一つではなく、いくつもの種類様々なジャンルの音楽から用意されています。

BGMを変えながらトレーニングを行うことで、様々なコード、伴奏の上にフレーズがどう響くのかを体感しながら実践的なメロディとしての音感を効果的に鍛えていくことができるのです。

さらにプレイ中の出題音と鍵盤から鳴る音の音色も変えることができます。これも音感への影響として意味のあるものです。

音感を持つ人の中にはしばしば「ピアノの音でしか音が判別できない」といったような特定の音色でしか音感を発揮できないという人がいます。これは音感の育成時に音程の要素以外をトリガーにして記憶を形作ってしまったことが原因だと考えられます。

よってこのアプリでは音色を意図的に変更することによってそういった予期せぬトリガーからの音感生成を防ぐことを取り入れています。

何より音楽的にこういった変化があったほうがゲームとしても飽きのないものになるのではないかと考えています。

ゲーム性としてもこれだけではなく他にもいくつもの要素を取り入れています。

速く正解するほど、また連続で正解するほどスコアが乗算的に伸びていきます。これによってゲームとしての躍動感も確保しつつ、音感教育的にも音階判別の正確さ(連続コンボ)と判別の速さ(出題から正解までの時間)を養う方向に誘導できるため音楽的・実用的なスキルの育成に役立ちます。

またある程度速く、連続で正解した場合にのみ(連続コンボが続いた場合にのみ)プレイ中にレベルが上がり出題されるフレーズの難易度が上がる仕組みを取り入れています。

これによって初心者には易しい問題が、上級者には相応のレベルの問題が出されることになり、各自のレベルにちょうど良い難度のフレーズが重点的にトレーニングできるというシステムになっているのです。

またゲーム性のみならず、教育的学習アプリとしての機能も充実しています。

プレイ終了後に間違えた問題を復習できる機能が備わっており、ゲーム中にどんどん過ぎていってしまったと思っても、終了後にじっくり腰を据えて苦手なフレーズを練習できるのです。

また、プレイ終了後に獲得できるものとしてゲーム内での「コイン」というものがあります。これを集めることによってロック状態のステージ、BGM、鍵盤の音色と交換しロック解除をすることができます。

あるいは手っ取り早くロック解除をする方法として、課金によりコインを実際に購入することも可能です。

なお、ステージ・BGM・鍵盤の音色は随時新しいコンテンツを追加していく予定です。アップデートをお楽しみに!

ログインとデータ引継ぎ

このアプリでは課金やデータの引継ぎのためにログイン機能を利用することができます。

※データ引継ぎをせずにアプリを削除した場合、スコアや購入情報、課金の記録等が消えてしまいますのでご注意願います。

【ログイン方法】

メイン画面右下【設定】ボタンを押します。

設定画面に行くと、一番上に【ログイン】ボタンがあるのでそれを押します。

未登録の場合は、左下【新規登録】からお使いのメールアドレスを入力したのちパスワードを設定し登録をしてください。

登録済みの場合は上記画面から登録時のメールアドレスとパスワードを入力しログインを行ってください。

パスワードを忘れてしまった場合は上記画面右下の【パスワードリセット】ボタンからパスワードのリセットを行ってください。

その他ご不明な点がありましたら、設定画面の【お問い合わせ】ボタンよりお問い合わせ内容を送信してください。


音感トレーニングゲームアプリについては、次回作も予定しています。

今回の「メロディのための音感」とは別にコードやコード進行を判別する音感を鍛えられるゲームアプリを考えています。

きっとメロディの音感に劣らず需要のあるものだと思います。どうぞ期待してお待ちいただければと思います。

サイトの解説を見たことがない方はぜひ↓を読んでからアプリを使用してください。より効果的なトレーニングができます。

耳コピアレンジ習得法へ

7 Comments

ゆう

ありそうでなかったとてもいいアプリですね。
実践的な音感トレーニングアプリとして素晴らしい出来だと思います。
新しいステージや和音編の予定もあるとのことで、とても楽しみです。
一つ要望なのですが、コインなしの時間無制限トレーニングモードがあるといいなと思いました。
特に問題が難しくなってから時間が足りなくて、つい勘で答えてしまう感じになってしまうのです。
じっくり音を聞き取るだけの時間があると助かります。
もし可能なら…という感じですm(_ _)m
あと個人的にですが、音色でアコースティックギターがあるといいなと思いました。
それから、復習モードでボタンを押しても音が聞けないことがあるようです。(iOS版)
そもそもボタンが押せない感じかもしれません。
ここの記事も一通り目を通したのですが、とてもクレバーな方だなと感じました。
色々参考に、音感を鍛えたいと思います。

返信する
かな

とてもいいアプリでした。
一つ機能追加のお願いです。
誤タップなどで答えがわかっているのに1音目を間違えるなどした際に訂正ができない点について、もどる機能などがほしいです。

返信する
ゆう

誤タップ取り消し機能希望者が多いようだけど、僕はいらないと思います。
間違わないで押せばいいだけ、なぜ取り消す必要がある?という感じです。
多分、言わないだけで僕と同じ意見の人も多いはず。
鍵盤を大きくしてほしいという希望ならわかりますが。
もしくは一音目ミスしたら即アウトでもいいと思います。
あくまでずっしーさんに伝えたいだけなので、コメント承認しなくてOKです。
そういう意見もあるよ、ということで。

返信する
論語と算盤

進行感鍛えたいですね
リズム鍛えるのも欲しいです
曲からいい感じにリズムパターン抽出するのは訓練でできるものなのでしょうか

返信する
こん

こんなアプリを探していました!ありがとうございます。
毎日使って音感鍛えられたらなと思います。

個人的には誤タップは取り消せなくても良いと思うのですが、間違えたらその時点でその問題が×になるのに残りの音数分なにかしらキーをタップしないと次の問題に進めないのが少し気になります。
ミスしたら即アウトとして次の問題に進むようになるか、もしくは残りのキーを押すことに何かゲーム上の意味を持たせてもらえれば(合っていた音の数に応じて部分点を加点するなど)大変嬉しいです。

返信する
星の王子さま

楽しく学ばせてもらってます
明らかにスコアが上がってきて成長を感じますね
自分も自習用に同じようなものを作っていたので何かお役に立てれば

BGMの転調というか電子ピアノでいうトランスポーズのような事ができると、より相対音感が鍛えられるのではと思いました

あとBGMに合わせて遊ぼうとするとちょっとタイミングが遅れるのが気になりました
多分サウンドフォントでやってると思いますがやっぱりクォンタイズは難しいのでしょうか

MIDIキーボードとの接続もできると理想的だと思いました
AndroidだとMIDI USB Driverなら3.x系でUnity上で動きますが色々大変です
GoogleのAndroid MIDI Apiは6.0以降ですが保守が楽でした

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です