音感の鍛え方~音階編~

メロディを聴き取れるようになるには「音階を判別する音感」が必要だという話を前の記事で解説しました。

相対音感、調性に基づいた階名がわかるようになる方法、考え方をここでさらに詳しく掘り下げていきます。

相対音感の勘違い

ずっしーが耳コピアレンジマンになることを目指し始めたとき何はともあれ音感が必要だということに考え至り、それまで何ひとつ音感らしい音感がなかったずっしーはまずメロディを聴き取れるようになろうと思いました。

絶対音感はもう遅いけど相対音感なら今からでも習得できると聞きさっそく相対音感を鍛えていくことにしました。

―――相対音感というのは「ある音の高さを基準に他の音の高さを判別する能力」と。ふむふむなるほどね、音名がわからなくても一つ基準の音をもらえばそこからどのくらい音が上がったか下がったかわかるようになればいいってことかな。

たしかにメロディってそもそも音が上がったり下がったりするだけだもんな~ってことは音程のパターンを全部聴き分けられるようになればどんなメロディでも聴き取れるようになるんじゃね?

メロディだとまあせいぜい1オクターブ上1オクターブ下くらいまでの跳躍だけ考えればよさそうだな、ってことは音程の種類は上に12種類、それと下にも12種類だから・・・

よっしゃ!全部で24種類だけ覚えこんじゃえばあとはなんでも聴きとれるようになるんだ!これで最強や!

と、こんな仮説を立ててこの24種類の音程の跳躍を聴きとるトレーニングを始めたのです。

ですがこの試み、結論を言うとうまくいきませんでした。まあトレーニング自体はある程度できて音程を当てることもできるようにはなったのですが、実際に曲のメロディを聴きとる能力は上がらなかったのです。

調を考えなきゃ意味がない

なぜこのトレーニングは意味がなかったのか。それは「調」を考慮していなかったから。

私たちの頭はどうやらメロディを聴くとき「前の音から~度の音程とんで次の音」という風に処理しているわけではないようなのです。

ですから先ほどの図のようなイメージの方法でトレーニングしても実際の音楽を聴く耳とはマッチしていないのであまり役に立たないトレーニングになってしまったというお話。

では私たちの、音楽を聴く耳とはどのようなものなのか。

どうやら私たちの頭の中では「常に調を基準に」音程を判断しているようなのです。

相対音感を支える基準の音というのは直前に聞いた音というわけではなく、そのメロディが作られている調というわけです。

したがってメロディを聴き取れるようになるにはどんなトレーニングが有効なのかというと、「調を基準に階名を聴き分けるトレーニング」です。

その調を土台にして、

「何かの音を聞けばその階名ドレミファソラシがわかる」

「階名ドレミファソラシから音を思い浮かべることができる」

という状態を目指すわけです。

移動ド唱法

ずっしーはあるとき、こんな体験がありました。

音程聞き分けトレーニングが思うように結果に結びつかずモヤモヤしながら適当に鍵盤を押していたときのこと。

もちろんそのときは音感が全然なかったため、頭の中でイメージした音を鍵盤で正確にとらえられず、外しながらたどたどしくメロディを追っていました。

しかしある一瞬、頭の中で鳴ったメロディに「ラ~ファ~♪」という言葉が聴こえ、指は自然とその鍵盤を押していて、さらに鳴った音は頭の中でイメージした音そのものだったのです。

「今のは一体どういうことだ・・・?」

と困惑しつつも何か重要なひらめきがあることを感じました。

あとでわかったのは、その「ラ~ファ~♪」というフレーズはずっと昔、小学生くらいの頃に歌っていたドレミの歌のフレーズだったのです。

奇しくも幼少期に歌っていたそのドレミの歌は歌詞ではなく階名を使って歌っていたのです。何の気なしに。

その記憶は音程という音情報とと階名という言葉を強くリンクさせ、現在になってなお浮かんだメロディをきっかけに「ラ~ファ~♪」という言葉を引っ張り出したのです。

言葉では表現しづらいのですが、そのときの音と言葉が強く結びついている感覚は非常に「しっくり」きたのです。

「こんな感じでいろんなフレーズを階名と結び付けて覚えていけば音を判別できるようになるのでは?」

と思い至り、そしてそれはまさに正解であったのです。

この「メロディを階名で歌って音と言葉をリンクさせる」という方法を移動ド唱法と呼ぶと知ったのはそれから少し経ってからでした。

この移動ド唱法で訓練を続けていくと、

「始めて聴くメロディの階名が聞こえるようになる」

「ドレミを見れば頭の中でそのメロディを鳴らせるようになる」

「頭の中でメロディを作ったり即興でメロディを作れるようになる」

といったことができるようになります。

移動ド唱法のやり方

準備中です…もう少し待ってね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です