調(キー)と音楽のしくみ2

ピアノの鍵盤では12種類の調のすべてが全く違った並びになってしまうのでコード進行などのパターンが見えづらくなる、という問題が出てしまいます。

これをどのように解決したらいいのでしょうか。

ごり押しは×

だったら初めに訓練して12種類の調全部同じように見れるようになっちゃおう!この12種類を丸暗記しちゃおう!)

って思う人もいるかもしれません。それはそれで大変結構なことなんですが、これに力を注ぎすぎることはあんまりおすすめはしません。なぜかというとめちゃくちゃ大変だからです。

というか僕も初めのころにトライしてたんですけどね。12種類という数の暴力に押しつぶされてまず間違いなく投げ出します。

最初はこのぐらいすぐ覚えられるだろと舐めてしまいがちですが、和音の種類や形って意外と多くて、それらも含めてわかるようにならないと意味ないんですね。

単純にスケールの形覚えただけでは共通点が見えるまでにはならないんです。しかも和音の種類、形などで覚える量は掛け算的に増えていきそれはそれはすさまじい試練になっていきます。なので全部頭に叩き込んじゃえ!と気合でやろうとするのは思ってるよりかなり無理です。

しかもやってること自体は同じことなのに見え方が違うだけで、そのためだけに膨大な量を覚えなきゃいけないのって馬鹿らしくないですか?そんなんだったらおもしろいコードのパターンの一つでも覚えていろいろアレンジできるようになりたいじゃないですか。

ということでひとつおすすめの方法があります。

ハ長調のすすめ

その方法は「どんな調も白鍵だけの調に直して考える」というものです。

はい。つまりですね、コードとか音楽理論を考えるときのベースとして、土台としてこの調を使うということです。大事なのは絵的にとらえること。頭の中で常にこのハ長調の風景を思い浮かべながら学んでいくのです。

この調を採用する理由、「量が多いからとりあえず一つの調を代表して」ということ以外に重要なことがあります。それはダイアトニックスケールの音とダイアトニックスケールの外の音の区別が一目瞭然だからです。言うまでもなく白鍵と黒鍵のことです。

なぜ簡単に区別できた方がいいのか?次の演奏を見て下さい。

白鍵と黒鍵の両方が出て来ましたね。でも今の曲じつは白鍵だけの調、ハ長調で弾いているんですよ。そう、白鍵だけのはずの調でも黒鍵を使うことができるのです。

実はダイアトニックスケールの外の音というのはアレンジにおいての肝とも言えるものです。いかに調性から外れた音をスパイスとして乗せられるか、というのが面白いところになってきます。なので調性の外の音を使っている部分というのは音楽的に非常に重要なポイントだったりするんですね。

ハ長調ならスケールの音とそうでない音が白鍵と黒鍵ですぐ見分けられるので、黒鍵が出てきたら「お、これは調の外の音が使われている!面白いコードが出てきたぞ!」とすぐに気づけるわけです。

これが他の調でやっていたらその重要なポイントを見逃してしまうかもしれません。だからコードなど音楽理論を学ぶときにはダイアトニックスケールが白鍵だけのハ長調(イ短調)をベースに考えるのが最適というわけです。


というわけで手っ取り早く音楽理論を習得したい人は頭の中にハ長調の鍵盤を思い浮かべてそこにイメージを定着させていくことをおすすめします。

ピアノ以外の楽器をやっている人でもこれは取り入れた方がいいと思います。鍵盤ほど音楽を目に見える形で理解しやすいインターフェースはないんじゃないでしょうか。

このサイトの解説も特別な理由がない限りはハ長調(イ短調)を使ってやっていきます。もちろん、最終的にはどんな調でもサッとわかるようになるのがベストですが、まずは余計なハードルを下げて挫折する可能性を少しでも低くしておくことが大事です。

みなさん誰でも最初はやる気に満ち溢れているのでどんな高いハードルもどんと来いや状態になってしまうのですが、それが三日と持たないことはよく知っていると思います(笑)。なのである程度自分を甘やかすことを覚えないと結局すべてを放り投げてしまうことになりかねません。やめてしまうことが一番もったいないですからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です